男性ホルモンとオナ禁@

男性ホルモンとオナ禁@

男性ホルモンについて

男性ホルモンと女性ホルモン

人は生まれたときから男性ホルモン女性ホルモンを持っています。男性の場合は、遺伝的な影響や女性ホルモン注射などを受けない限り、男性ホルモンの比率が高くなります。

 

男性ホルモンはテストステロン(TH)ジヒテストステロン(DHT)によって形成されますが、両者の性質は大きく異なります。それについては次の見出しでご説明します。どちらも男性に必要な要素です。

 

男性ホルモンは年齢と共に減退しますが、男性的な活動を行わない場合も同じように衰えます。男性的な活動とは、生殖活動(自慰)・運動・争い事などを指します。

 

男性ホルモンの減退は、更年期障害やうつ病、肥満などの原因になるので注意しましょう。

 

人間が生きていくためには、男性ホルモンと女性ホルモンのバランスが非常に重要です。ホルモンバランスを正常に保つためには、規則正しい生活習慣を心がける必要があります。



テストステロンとDHT

テストステロン(TH)とジヒテストステロン(DHT)の仕組み

 

テストステロンは生活を豊かにするのに効果的です。やる気・行動力上昇や筋肉の増大、また精力・性欲を強くする作用があります。強くたくましい男性になるためには必要不可欠な要素です。

 

テストステロンは筋トレや危険な行動などに伴う不安定な興奮によって上昇します。

 

一方、DHTは皮脂量を増やしたり、ハゲの原因になったり、胸毛などの体毛を濃くしたり・・・おっさん化させる副作用があります。その他にも性欲・精力を減退させる作用があります。

 

DHTは5αリダクターゼによってテストステロンが変化したものです。嫌われ者のDHTですが、元々は人気者のテストステロンです。

 

5αリダクターゼは遺伝である程度決まっているので、意図的に増やしたり減らしたりするのは難しいです。ハゲが遺伝と言われるのは頭蓋骨の肥大化もありますが、生まれ持った5αリダクターゼの量も影響しています。

 

DHTはテストステロンが不足したときに男性ホルモンとして補充されます。つまり、テストステロンが高い状態であればDHTが過剰に補充されることはありません。

 

DHTは不要?

ゴミのように扱われているDHTですが、わざわざテストステロンから形成するわけですから意味はあります。DHTを形成する能力が無ければ生殖活動に大きなリスクが伴います。

 

それはDHTの副作用である性欲・精力の減退です。いわゆる賢者タイムにさせる作用があるわけです。過度な性行動を防止するためにDHTの生成は必要不可欠なのです。

 

男性ホルモンとオナ禁A



関連ページ

オナ禁の効果とは?
まずは一般的に言われているオナ禁の効果についてまとめます。オナ禁のメリット・デメリットとは?
生物学から見るオナ禁@
港で噂のオナ禁は果たして本当なのか?オナ禁の信ぴょう性・危険性について考えてみましょう。また、オナ禁の成功体験&無意味に終わった失敗体験についてもご紹介します。
生物学から見るオナ禁A
港で噂のオナ禁は果たして本当なのか?オナ禁の信ぴょう性・危険性について考えてみましょう。また、オナ禁の成功体験&無意味に終わった失敗体験についてもご紹介します。
栄養学から見るオナ禁
港で噂のオナ禁は果たして本当なのか?オナ禁の信ぴょう性・危険性について考えてみましょう。また、オナ禁の成功体験&無意味に終わった失敗体験についてもご紹介します。
男性ホルモンとオナ禁A
港で噂のオナ禁は果たして本当なのか?オナ禁の信ぴょう性・危険性について考えてみましょう。また、オナ禁の成功体験&無意味に終わった失敗体験についてもご紹介します。
男子校とテストステロン
男子校は何故いじめが少ないのか?テストステロンによる影響を元に考察しました。
オナ禁とストレス@
港で噂のオナ禁は果たして本当なのか?オナ禁の信ぴょう性・危険性について考えてみましょう。また、オナ禁の成功体験&無意味に終わった失敗体験についてもご紹介します。
オナ禁とストレスA
港で噂のオナ禁は果たして本当なのか?オナ禁の信ぴょう性・危険性について考えてみましょう。また、オナ禁の成功体験&無意味に終わった失敗体験についてもご紹介します。

TOP Twitter サイトマップ