オナ禁学書

オナ禁学書

オナ禁学書記事一覧

オナ禁の効果とは?

他サイトにもうんざりするほど載っている情報なので、「知ってるよ」という方は次のページに進んで下さい。

≫続きを読む

 

生物学から見るオナ禁@

たった1度の生殖活動で死亡する生物はたくさんいます。主に植物や魚類が多いのですが、一部の哺乳類も同じように1度の生殖活動によって死んでしまうらしいです。画像転載:http://www.afpbb.com/articles/3001079チームを率いるクイーンズランド大の哺乳類生態学者、ダイアナ・フィ...

≫続きを読む

 

生物学から見るオナ禁A

一般的には射精は3日に1回が適性頻度と言われています。それは精子は3日間で満タンになるからだそうです。本当に3日に1回が正しい頻度なのか考えてみましょう。人間の生殖機能健康な成人男性が1日に生産できる精子の数は5000万〜1億ぐらいと言われています。また、貯蓄できる量は約10億です。それに対し1回の...

≫続きを読む

 

栄養学から見るオナ禁

アミノ酸(主にアルギニン)クエン酸糖分(果糖)塩分レシチン亜鉛セレンコラーゲン核酸ビタミン(主にビタミンC)細かい成分を挙げると数え切れないぐらいありそうですが、一般的に知られている成分はこのようになっています。ここで気になるのは量ですが、こちらに関しては個人差がかなりあるので明確な数値を得るのは難...

≫続きを読む

 

男性ホルモンとオナ禁@

人は生まれたときから男性ホルモンと女性ホルモンを持っています。男性の場合は、遺伝的な影響や女性ホルモン注射などを受けない限り、男性ホルモンの比率が高くなります。男性ホルモンはテストステロン(TH)とジヒテストステロン(DHT)によって形成されますが、両者の性質は大きく異なります。それについては次の見...

≫続きを読む

 

男性ホルモンとオナ禁A

@をまとめると、DHTは性行動に伴う死のリスクを回避するために必要なものですが、人生をよりよいものにするためにはテストステロンを高い状態でキープすることが重要だと分かります。オナニーと男性ホルモンオナニーも興奮するんだからテストステロンが分泌されるんじゃないの?と思う方もおられるでしょう。その通り、...

≫続きを読む

 

テストステロンが及ぼす危険性

男子校はイジメが少ない学生のころ論文作成のために、貴方の高校にイジメはありましたか?というアンケートを実施したことがあります。詳しい結果は忘れましたが、男子校を卒業した10人のうち全員がイジメはほとんど無かったと回答しました。ちなみに私も男子校出身です。イジメは皆無でした。身内の男子校・女子高出身者...

≫続きを読む

 

オナ禁とストレス@

本記事の内容はオナ禁のリスクを覚悟する上で非常に重要になる項目です。ストレスが及ぼす身体と精神への悪影響は計り知れません。それでは、オナ禁に伴うストレスのリスクについて考えましょう。オナニーはストレス解消になるオナ禁がストレスを溜めるのではなく、オナニーがストレスの解消に役立つのではないか。変な言い...

≫続きを読む

 

オナ禁とストレスA

オナ禁法のテンプレですね。主にオナ禁ファイターは筋トレを推奨しています。数多くのオナ禁ファイターが実践しているのですから、その効果もかなり期待できます。しかし、私のように筋トレが嫌いな人間もいるかと思います。消化器官が弱いと筋肉はつきづらくなるので、どうしてもモチベーションが保てません。そんな方々に...

≫続きを読む

 



TOP Twitter サイトマップ